自動車学校教官にも大きな変化が

全国にある自動車学校の多くが、生徒さんを集めることに四苦八苦していると言われます。
特に地方都市にある自動車学校では、若い人がおらず免許取得に来る数が年々減っているのが現状のようです。
そのため多くの学校で、募集に対していろいろな工夫をしています。
都会から生徒さんを呼ぶための合宿免許などが良い例と言えるのでしょう。
宿泊費用や交通費などを提供することなどが一般的なことになっていることから、地元民の反感を買うことにもなっているようです。
そのため、学校の地元の人は通学ではなく合宿免許に参加できる学校を選ぶといった、皮肉な光景をも生みだしてしまっているのです。
また、社会的な流れもあり、指導する教官も非常に優しくなって来ています。
恐ろしい教官は、一人もいない学校も増えて来ています。
生徒に優しいことで、評判を高めたいと考えているのでしょう。
優しく接することで、フラストレーションを溜めにくくすると言うのです。
怒る、怒られることで、教官と生徒共にフラストレーションが溜まりやすくなる訳で、それを見事に避けることで、気持ち良く学ぶことが出来る学校が増えているのです。